注射が不得意な看護師に役立つ豆知識

患者に注射を打つのは、医療現場における看護師の重要な仕事の一つです。本来なら医師の仕事ですが、多くの患者を診察する時間を確保するために、看護師が代理で行うのが慣習化しています。医師の指導のもとで注射を打つことは、法的には問題ありません。

その一方で、注射を打つのは相応の技術が必要です。患者の血管の位置を正しく把握し、注射針を刺す深さや角度にも注意しなければいけません。さらに血管の太さや位置は個人差があるため、誰に対しても同じ方法で注射を打つことはできないと考えるべきです。注射が苦手な看護師はこの点が理解できず、同じ方法で打とうとするので患者に苦痛を与えたり、薬剤を適切に注入できない事態を招いてしまいます。注射に対する苦手意識を克服しない限り、医療の現場で役立つ優秀な看護師にはなれません。

注射を上手に打つための豆知識としては、太くて目立つ血管を探すことが重要です。血管には動脈と静脈があり、その違いを除けばどの部分の血管でも薬剤を注入するのに不都合はありません。注射は腕に打つイメージがありますが、扱いやすい血管が見つからなければ他の部分に注射を打つことも可能です。

なお、一時的に血液の流れを止めて血管を浮き上がらせる方法は古くから行われていますが、体質によって効果がないこともあるので、過信は禁物です。心臓よりも下の位置に下げたり蒸しタオルなどで温めるなど、重力や熱を利用して血管を拡張させるのが上手に注射を打つコツです。